マニュキュア初心者

2018/5/29

初心者が知りたい!マニキュアのアレコレ

  ネイルと言えば、まず「マニキュア」ですね。 初心者から上級者まで幅広く親しまれています。 マニキュアは何と言っても簡単に始められ、扱いやすいことが魅力です。 最近では、コスメのお店だけではなく、ドラッグストアやコンビニ、100均まで安く販売されています。リムーバー(除光液)も同じお店で販売されていますし、それを使えばすぐに落とすことも出来るので、毎日色んなネイルアートを試してみたい人や休日しかネイル出来ない人にもおすすめですね! マニキュアとは? マニキュアは別名「ネイルポリッシュ」とも最近 …

続きを読む

ジェルネイルで可愛く

2018/6/25

初心者が知りたい!ジェルネイルのアレコレ

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最初のジェルネイルは「ハードジェル」と呼ばれるもので強度があり、重いストーンなども付けられるので愛用されていましたがオフには削り落とさなければならず、自爪を傷つけてしまうリスクがあったためセルフネイルには不向きでした。 ソフトジェルが生まれてからはリムーバーでオフ出来るのでセルフネイルも手軽に出来るようになりました。 今回はジェルネイルに付いてご紹介します。 ジェルネイルとは? ジェルネイ …

続きを読む

スカルプチュア

2018/5/25

初心者が知りたい!スカルプチュアのアレコレ

スカルプチュアはジェルネイルの前に爆発的に流行っていたネイルです。 現在でも自爪が短くても長さ出しが出来るので結構需要はありますよ。 最近ではジェルスカルプチュアというのがあるので、ジェルネイルとスカルプチュアが同じものだと思っている方もいるみたいですがそれは違います。 今回はそんなスカルプチュアについてご紹介します。 スカルプチュアとは? スカルプチュアは元々樹脂素材を自爪に練ったものをつけたり、ネイルフォームの上で自爪の先端から長さ出しし付け爪を形成することです。所謂「人工爪」のことです。 なので、粘 …

続きを読む

ネイルチップ

2018/5/26

初心者が知りたい!ネイルチップのアレコレ

ネイルチップはみなさんよく知っていますよね? 自爪ではなく、爪型のチップにマニキュアやジェルでネイルアートするものです。 作って置けばいつでもつけることが出来るので、ライブやイベント前などに向けてお洒落なネイルチップを用意しておけばよいですね! 自分で作るのも簡単ですし、ネイルサロンやネイルチップ専門店で購入したり、今はハンドメイド作家さんも作られているオリジナル性の高いネイルチップを入手することも可能ですね! 今回はそんなネイルチップについてご紹介します。 ネイルチップとは? ネイルチップとは爪型のプラ …

続きを読む

仕事

仕事で男女平等というけど、現実は不平等と感じたことはありますか?

更新日:

遠く昔は、女性は男性より身分が低い!と言う様な印象を持たれていました。

仕事に関しても、女性が活躍する事が許されない雰囲気だったり、家庭にしても亭主の言う事は絶対!と言う様な扱いをされて来た事が多かったですよね。

その遥か昔に比べ、今の社会は女性がバリバリと活躍する時代となりました!

そして、それが認められる社会にもなった様に思います。

雑誌やメディアなどで活躍する女性の姿も多く見られます。

しかし、まだまだ不平等だと感じる瞬間だって現実にはあると思います。

男性に負けないくらい働いている女性からしたら、悔しさしかありませんよね!

逆に、男性側からしても男女不平等に感じる時はあるのかもしれませんね。

男性は怒られ易いけれど、女性はあまり怒られない…

男性は残った仕事を遅い時間までやらされるけど、女性は帰宅させてもらえるなど。

会社や上司にもよるとは思いますが、不公平は誰も良い気持ちにはなれませんよね!

そこで、今回みなさんには『仕事で男女平等というけど、現実は不平等と感じた事はありますか?』と言う質問をしてみました。

以前金融機関で働いていましたが、職場はとても女性が働きやすい環境で、女性もどんどん活躍しており、男女平等と感じました。
しかし、お客様からは女性を下に見られているなぁと感じることがありました。一生懸命働いていても、「どうせ結婚したら辞めるんでしょ?」とか、「女性は男と違って気楽に働けていいね」などと言われたときはとても悲しかったです。
私が働いていた仕事場では男女不平等と感じたことはありません。男性も女性も同じように働いているし、特に差別はありません。仕事内容も同じですし、勤務形態も同じだし、給料も同じなので、不平等さを感じたことはないです。ただ、女性が妊娠した時などに育児休暇などがなかったのが不便でしたが、別に不平等とは感じませんでした。
ずっと私は美容師をしているのですが、特に不平等と感じたことはありません。
この業界の男性は、少し女性よりなところがあるので上司もみな平等に見てるように思います。
美容師をしている女性はどちらかといえば男まさりなサバサバしてる方が多いと思いますし、
男性は女性よりで美意識が高い方が多いのでバランスが取れているのではないでしょうか。
仕事などで不平等だと感じた事はありますが、その不平等に助けられている場合もあります。会社で言うと退社時間や休日出勤など。お店で言えばレディースデイや男女で飲み会をすると女性が安い支払いになるなど。
それは会社での昔ながらの給料体系や意識が残っているからで、女性の方が給料が安い。女性と一緒の時は女性待遇にするなど。
会社のお給料や意識を変えないと平等は難しく、本当に平等でも大丈夫?と聞きたいです。生理休暇なんてもっての他、妊娠、出産それがどうした病気じゃない。
休日も残業も皆と同じにやれ。
そもそも体の作りや、もともとの子どもが産めるのは女性だけだったり、男女の思考の違いもあるので、それも考慮した上での平等じゃないと。男の人は家事や子育てになかなか参加しない。家庭の事は奥さん任せと同じです。日本人の昔ながらの思考を変えないとお互いに納得のいく平等にはたどり着けないかもしれません。
私は、女性で用務員の仕事を長年しておりました。男女のペアで配属されます。男性は、力があるので重いものはお願いしました。また女性は、お客様へお茶出しを積極的にやっていました。同じ給料をもらいますので、二人で協力しながら、ワックスがけもします。台車を使い多少重い物も女性が運んだりしました。もし力持ちの女性だったら工夫次第でなんでも出来るかもしれません。また、接待が上手い男性ならお客様へのお茶出しも偏見なくできたかもしれません。働いていた場所が、学校だったからか男は、力仕事。女は、接待が当たり前の世界でした。固定観念に縛られる場所でしたので、男女差を感じることは多々ありました。だからこそ、女性であっても出来ることは何でもして、囚われないように努力を重ねていました。
私は女性ですが、管理職をやらせていただいております。大変光栄ですし、やりがいのある仕事だと思い現状には満足しております。
時々不平等だと思うことは、社員登用についてなかなか推薦していただけないことです。
何度か上司に相談はしたのですが、スキル不足、経験不足により却下されております。私はまだまだ未熟でおこがましいことを言っているのかもしれないと思うこともありました。
しかし私よりも勤続年数の短い男性従業員が社員登用を受けることになり、理由が「今はまだ未熟だが、将来的に有望」というものであったことを聞いたときはまったく腑に落ちませんでした。
男性は、仕事を辞めないものと思われているところがあると思います。
女性は婚約や結婚など、家庭の事情で仕事を辞めやすいと思われているため、価値観として軽視されやすいのだと、少なくとも私はそう考えております。実際、結婚等の家庭の事情で辞める女性従業員は多いですし、何よりも仕事に対して責任感のない女性も多いため(辛い仕事であればすぐにやめて、旦那に養ってもらえばいいやと考えている女性は大変多いです)まだまだ常識として、女性をしっかりとした雇用をするのは早いと思われている風潮があるのではないでしょうか。
不平等だ、というか、まだまだ平等ではない、と感じます。
私も早く性別の壁を越えて認められるよう、仕事に尽力しようと思います。
あまりないです。
むしろ、私の仕事は工場や倉庫内で働いていて力仕事が多いので、男性の方が居ると本当に助かっていますね。
力仕事の面では不平等だとは思いませんが、一般の企業や、オフィス勤務の友達に聞いた話だと提案書も、女性の意見は却下、男性優位の職場があると聞いています。
ものによって考え方は違いますが、男女不平等なのは今のご時世、もう古いと感じますね。
お寿司屋さんで働いていました。
私も男性と同じく魚を捌いて仕込みをしたり、カウンターに出てお寿司を握ることが出来るのに優先されるのは男性でした。
お店が忙しくなり人手が足りなくなると駆り出される感じでカウンターにだされます。
ただお客様もお寿司を握ってもらうのは、男性のほうがいいと思われている方が多いと感じました。
現実は不平等と感じたことがあります。
今はもう辞めましたが、前にいた職場で、上司が男性陣(数名)には冷たい態度をとり、女性陣(数名)には優しく接している現場を目撃したことがあります。
例えば上司は、気に入っている人が仕事中にミスをしても、注意をせずに優しく接していました。
気に入らない人には、「この仕事向いてないんじゃない?」と言っていました。
差別だと思いました。
特定の人ではなく、全員に平等の態度をとらないといけないと思います。
あります。
実務的な所では、お茶だしや清掃などは女子社員の仕事だったのだ、不平等だと思っていました。
サラリーは、採用条件が同じならスタートラインは同じなのでその時点は平等でしたが、昇給ペースはやはり男性社員の方が早かったです。普段任される仕事内容の重要度の差から、評価、サラリーの差に繋がっていると思います。
ただ、女性は出産があると、どうしても仕事をセーブしなければならい次期があるので、それを見越して割り振る仕事を変えられるのはしょうがないとも思います。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-仕事
-