ネイル

爪の悩みを聞いてみました

更新日:

爪の悩み

よくある爪トラブルに対処法・予防法 解説!

案外、よく見られている指先。理想の長さに伸ばそうとしても、ふとした瞬間に割れてしまったということはありませんか?

いくら大事にしていても、様々な生活場面で指は使うもの。

数あるお悩みの中で特に多い、二枚爪・爪の割れについて、今回は解説します。

二枚爪の原因とは?

乾燥

1番の原因は、乾燥といってもいいでしょう。爪の割れについても、乾燥が主な原因です。乾燥の原因は、実に様々。栄養不足や、水分不足、油分不足などがあげられます。

具体的には、洗剤を使っての水仕事や、除光液をよく使う人、冷え症の人。普通の生活をしていれば、ほぼ全員が当てはまるんですよね。洗剤や除光液は、なんとなく予想がつきますが、冷えなどの血行不良も乾燥の原因になります。

栄養不足

爪は、皮膚と同じで、タンパク質でできています。偏食やダイエットで、タンパク質やビタミンA、ビタミンB2が不足すると、爪自体が弱ってしまいます。

深爪、圧迫

無理してキツい靴や高いヒールを履くと、圧迫により皮膚に爪が食い込んだ状態になります。この状態が続くと、爪の変形につながり、割れの原因になります。

加齢、ストレス、病気

その他にも、ストレスや病気が二枚爪の原因になり得るんですね。爪甲縦裂症や、爪白癬など病気が原因の場合は、治療が必要な場合があります。

予防、対策について

一番大きな原因の乾燥を、まず改善してみたら良いかと思います。洗顔したら化粧水をつけるのと同じように、爪も考えるといいですね。

掃除や調理などの水仕事、除光液を使い終えたら、しっかり保湿しましょう。保湿クリームや、キューティクルオイルを使うと良いです。日中に手がベタベタするのが嫌だと言われる方も多いかと思います。

近頃は、ドラッグストアなんかでも、サラサラ感あるネイルオイルを売っていますので、試してみてはいかがでしょうか。

そして、深爪になりやすい人、もしかして爪きりで爪の両端を深く切っていませんか?伸びてきた時に痛いからと、案外深く切ってしまう人が多いのですが、それでは余計に悪化させてしまうことに。

爪の両端は深く切りすぎないように、そしてできれば爪きりではなく、爪やすりを使って、長さを揃える程度に整えましょう。

また、バランスのよい食事と、自分にあった無理のない靴でおでかけすることを忘れずに。

最後に

爪が割れることを心配しすぎて、おっかなびっくりの生活なんて送りたくはないですよね。

お肌と同様、爪も毎日のケアが必要です。まずは、誰でも取り組みやすい乾燥対策をしてみましょう。

また、爪の悩みやライフスタイルに合わせてメニューを提案してくれるネイルサロンも強い味方です。

足を運ばれる際には、ネイリストさんに相談して、自分にあった施術をしてもらってもいいですね。

家事をするコツ
ジェルネイルをしながら上手に家事をするコツはありますか?

今、女性に大人気のジェルネイル。自宅で自分でつけたりアフターケアをすることもでき、丈夫で長持ちします。 気分も女子力も上 …

爪に関する悩みについて皆さんからお話を聞いてみました。

ネイルを塗ったりきれいにするだけでおしゃれになったり、指先からの美ってとっても大事ですよね。

でも爪にコンプレックスがあって上手くおしゃれができないとか悩みもつきものです。

元々の爪の形に悩みを持っているという方もいます。

弱くて割れてしまったり、はがれてしまったりすると新しい爪が生えてきて元に戻るまで時間がかかったり爪って実は繊細なんですね。

そこでみなさんにはそんな繊細な爪の悩みを話してもらいました。

中にはどんな風に対処しているのかお話ししてくれている人もいるので、同じような悩みを持つ方にも参考にしてもらえればと思います!

爪が割れてきたときの対処
爪が割れてきた時の対処法 

まずは、爪が割れた原因を探ろう! ネイルサロンへ行って、爪を綺麗にしても割れてしまっては、悲しいですよね。 また、爪が割 …

爪が弱いのか、二枚爪になりやすい。 また、セルフジェルネイルをしているが、サンディングやジェルをオフする際に爪が薄くなったり弱くなってしまい、爪を伸ばした際に簡単に欠けたり割れたりしやすくなってしまう。 サンディングすると爪が白っぽくなってしまうため、ジェルをオフした後しばらくは傷ついた状態で、人に手先を見られるのが少し恥ずかしい。
爪が少し伸びてくると、家事で使いやすいのでそのまま伸ばしていたら、爪の先が割れてきます。一か所割れてしまうと、連鎖的に他の指の爪も割れてきます。仕方なく切ることになり、また使いにくい状態になります。小さな子がいるので、爪を切ることは清潔を保てることなのでいいのですが、いつも私の中では残念に思ってしまいます。
爪の形が不恰好で形がそろっていないのが悩みです。 しかも指が太いのもありますが、爪自体が大きいので、派手な色のネイルをすれば悪目立ちし、シンプルに上品に・・・と思っていても、華奢に見えないので、なんだか微妙に似合わないのです。 市販のつけ爪なども、サイズが合わずできません。 せめて、ほっそりした形のそろった爪だったらいいのになと思うこと、しょっちゅうです。
足の親指が、どちらも巻き爪になっていてとても痛いです。昨冬は5センチヒールのブーティを購入し、使用していたのですが体重がつま先にかかってしまったようで、爪の形がすべて変わってしまいました。一番大きく変形してしまったのは親指の巻き爪です。直角に曲がってしまい、肉に食い込んでいます。巻き爪治療キッドを購入予定ですが、せっかくかわいいブーティを買ったのに履くべきか捨てるべきか悩みます…。
全体的に爪が、分厚いので、ネイルをぬっても、ジェルにしても、厚ぼったくなってしまい、男っぽく見えてしまうのがつらいです。その割に爪の面積が小さいので、ネイルも楽しめません。(アートやちょこっとてまをかけたりなど。)
ネイルを変える頻度
ジェルネイルを変える頻度と長持ちさせるコツ

ジェルネイルを変える頻度 マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端技術です。 …

爪が長いと折れたりする危険があります。 切りすぎたりするのもあります。 長すぎて欠けて人を傷つけたりもありました。 爪はある程度伸びたら切らなければいけないですね。 後長すぎたら爪が折れたりするのもあるので危ないです。 女性は特にネイルしたりするので爪は特に大切です。 キレイな爪でいたいから磨いたりするんですよね。 爪切るのめんどくさいから切らなくていいやってなってしまうのもありますが爪は切るべきですね。
夏になるとサンダルを女性はよく履きます。サンダルを履く時に、ペディキュアをしない素の爪でいるなんて素っぴんで町を歩くようなものだと某おねえタレントが言っていました。そこで私が気になるのが私の足の爪の大きさです。親指から小指まですべての足の爪が小さいのです。小指の爪なんて米粒より少し大きいくらいの大きさです。しかたなく爪を大きく見せるために爪からはみ出してペディキュアをぬってごまかしています。
足の爪なのですが、幼少のころに足をぶつけて爪を剥がしたことがあり、一枚だけ形がいびつで、他の爪よりも一回り以上小さくなっています。以前はあまり気にしていなかったのですが、可愛いつけ爪があってもこの爪だけ上手くつけられなくて、結局使えない、ということになります。全然ネイルが出来ない、というわけでもないのでそこまで不自由している訳でもありませんが、近頃は可愛くおしゃれなつけ爪も増えてきている分、切ない思いをすることも多いです。
私は長年深爪にしていたこともあり、爪が大変弱いのが悩みです。なので、爪を伸ばしてもすぐに2枚爪になってしまったり、角が欠けてしまいます。一時期はネイルサロンや自宅でジェルネイルをし、爪を厚くして補強したりもしていましたが、ネイルを外した時の爪があまりにもボロボロになっていたので「根本的な解決にはならないな」と思い、止めてしまいました。
私の爪はよく二枚爪になります。 ネイルをしている時はいいですが、していない時は悲惨です。缶のふたをあけるにも痛いですし、切る時は深爪になるまで切らないと逆に痛めてしまったりします。 今はまだ子供が小さい為、ネイルができないのも悩みです。やはり年配のほとんどの方の理解がない為、子育て期間中にネイルをするのにはかなりの勇気がいります。
ジェルネイルで爪が痛む
ジェルネイルで爪が痛んだ時の対処法

ジェルネイルで爪が傷んだ!そんなときどうする? ジェルで爪は守れません。ケアもセットで考えよう ツヤツヤぷっくりが可愛い …







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ネイル
-