恋愛

ホワイトデーに告白された体験談

更新日:

バレンタインデーに、みなさんはどのくらいチョコをもらいましたか?

また、好きな相手からはチョコをもらえましたか?

バレンタインデーが女性にとって、勇気を出して気持ちを伝えるチャンスであるように、ホワイトデーは男性にとって、好きな女性に自分の気持ちを伝えるチャンスでもあるのです。

今回は、ホワイトデーに男性から告白された体験談についてご紹介します。

義理やお付き合いでプレゼントしたチョコを勘違いされて告白された

普段から仲が良い相手や、職場のお付き合いでプレゼントしたバレンタインデーチョコを、本命チョコと勘違いされ、ホワイトデーにお返しとともに告白されることがあるようです。

女性の方は何気なくプレゼントしたつもりでも、男性からしたらすごく嬉しくて「これは告白なのかも?」と思い込んでしまうようですね。

バレンタインデーに告白したら、改めて彼から告白された

バレンタインデーにチョコを渡して告白したお返事をホワイトデーにもらい、その時に改めて男性の方から「付き合ってください」と告白されることも多いようです。

改めて男性の方から告白をしてもらえると、勇気を出して伝えた気持ちをちゃんと受け止めてくれたんだなと感じることができるので、これはとても嬉しいですよね。

好きな気持ちを隠してバレンタインデーチョコを渡したら、ホワイトデーに告白された

どうしても素直に「好きです」と告白できず、気持ちを隠してバレンタインチョコを渡したつもりが、ホワイトデーに男性の方からお返しとともに「付き合ってください」という告白をされたという、なんとも素敵な話もあります。

女性は、できれば男性の方から告白してほしいなという気持ちがあるものです。

バレンタインデーにチョコを渡していない相手から告白された

義理もお付き合いのチョコも渡していない相手から、ホワイトデーにクッキーやケーキをプレゼントされて告白されたという話もあるようです。

女性にとって告白するチャンスであるバレンタインデーのように、男性にとってもホワイトデーは好きな人に告白するチャンスになるのですね。

最後に

今回は、ホワイトデーに告白された体験談についてお伝えしました。

皆さんはホワイトデーに告白された経験はありますか?

今回の調べでは、バレンタインデーに告白される男性が嬉しいのと同じように、女性もホワイトデーに告白されることはとてもうれしく思っていることがわかりました。

ちなみに、女性に人気のあるホワイトデーのプレゼントは、クッキーやチョコレート、有名店のケーキ屋ワインなどがあります。

好きな女性にプレゼントして、ぜひホワイトデーの告白を成功させてくださいね!

ホワイトデーに告白された体験談を聞いてみました。

バレンタインにチョコと一緒に、自分の思いを伝えた方もいると思いますが、返事はその場でもらいましたか?

まだという方は、ホワイトデーとっても期待しちゃいますよね♪

この記事を読んでわくわくしながら待ちましょう!ということで、今回はホワイトデーに告白された体験談を集めてみました。

意外にも好きではない人から告白された体験談が多くて驚きました(笑)

仕事上の付き合いとか義理で色んな人に渡していると、中には勘違いしてしまう人もいるんですね。少しいいなと思っている相手だったらまさにドラマみたいで素敵ですが、本当にそういうつもりじゃないと困ってしまいますね。義理も気をつけないといけませんね!

皆さんの告白の体験談、素敵なものが多くてきゅんきゅんしてしまいました♪

ホワイトデーがとっても楽しみですね!

バレンタインに職場の人にチョコをあげたお返しのホワイトデーで告白されました。
その職場の人と話が合い、バレンタインにその職場の人だけ本人が食べたがっていたチョコレートを他の職場の人にあげるチョコと値段が変わらなかったのあげたところ、勘違いをさせてしまったようです。
ホワイトデーのチョコも高そうなチョコだったのでさすがにその場で断るのは可哀想だと思い、一度保留にしてから勘違いさせた事を謝り断りました。
中学生の時に大好きだった先輩にバレンタインをあげてから一か月、ドキドキしていたホワイトデーの日に学校の帰り道の公園に呼び出されて告白されました。バレンタインの時には恥ずかしくて自分からは伝えることが出来ず、友チョコですと言って渡していたので本当に嬉しかったです。付き合ったのはほんの数年だったけれども、今ではいい思い出です。
大学1年の時、製菓のコースを選択していた私はバレンタインに実習で作ったチョコレートをバイト先の人に配りました。男女問わずその日同じ時間帯で働いた人達と仲良く分け合ったのですが、1ヶ月後のホワイトデーに分け合った内の1人である男の先輩に、お返しとしてケーキとピアスを頂きました。ピアスはさすがに・・・と悩んでいると「俺とお揃いだから。彼女になってくれるならつけて」と言われ、「ごめんなさい」とお断りしました。その後のバイトの気まづさは今でも忘れません。例えお裾分けでも、バレンタインのチョコだけはお裾分けは絶対にしないでおこうと誓いました。
高校生の時に、隣のクラスのすきな男子に、バレンタインのときに、個別に呼び出しをして、告白したことがございます。すきな男性は、シャイなタイプだったので、お礼だけで、返事はなかったです。1ヶ月かん、返事をまちました。
ホワイトデーに、彼から呼び出されて、告白されました。すごーくうれしかったし、青春だとかんじます。
私が高校二年生の時の話です。私はバレンタインの日にチョコレートをその方にあげてなかったのですが、何故かホワイトデーの日にチョコレートを渡されました。直接告白されたわけではなく、チョコレートが入っていた袋の中に手紙が入っていました。その手紙に「好きです、付き合ってください」と書いてありました。めでたく付き合うことが出来ました。今時に手紙っていうのがキュンとしました。
中学生の時に仲が良くて好きだった男子になかなか告白することができませんでした。なので、バレンタインデーも本命だったのですが、友チョコとして渡しました。すると、ホワイトデーの日の放課後に教室でクッキーを渡すのと一緒に告白されました。バレンタインデーの時から両思いだったらしく、とても嬉しかったのを覚えています。
私が中学生のころの話です。当時好きな人はいなかったのですが、友達と話を合わせるため、隣の席の子が好きという設定をしていました。実際は好きではないのですが、バレンタインにもチョコを渡しすことになり、本人は乗り気になったのかホワイトデーにお返しと一緒に告白されました。受験を理由に断りました。
私は、中学生だった時に、バレンタインに好きだった男の子にチョコレートをあげました。そして、その男の子に、ホワイトデーの日に学校終わりに一緒に帰っていて、分かれ道になったところで、ホワイトデーでお返しとしてお菓子を渡され、それと共に、「バレンタインのチョコレートありがとう。おいしかったよ。これ、お返し。あと、俺と付き合ってくれない?」と告白され、付き合うことになりました。
小学校6年生の頃の話です。バレンタインデーにチョコレートを渡しました。言葉で好きとか、付き合って下さい。なんてことは言えず、本命チョコらしいものを机に入れるという、なんともありがちな事をしました。そして相手の反応にドキドキする1ヶ月を乗りきり、ホワイトデーにお返しを直接もらいました!中学生になったら、付き合おう。と言われ、来月まで待つのか?と不思議に思いつつ、人生初の彼氏ができたのは、バレンタインとホワイトデーのおかげです。
学生の頃、仲の良かった男の子に義理チョコをあげました。ネタのような面白チョコです。お返しにホワイトデーを頂きました。その時に、あのチョコは義理?それやったら嫌やねんけど…と。少女漫画のような青い告白でしたが、当時の私は「お付き合い」なんてわからず。今思うともったいないことをしたなぁ、と少し思います。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-恋愛
-