ジェルネイル

ジェルネイルをしてから日常生活で気をつけなくてはならないことは何ですか?

更新日:

ジェルネイルで気をつけること

マニキュアに比べ、モチがよく、プックリつるんとした質感で人気の高いジェルネイル。

今回は、ジェルネイルを楽しむために普段から気をつけることをお話します。

ジェルネイルを長持ちさせるには?

通常、2~3週間でメンテナンス、あるいはオフするのがジェルネイル。できるだけそれまでは綺麗な状態でいつづけたいですよね。

乾燥対策

ジェルネイルは、乾燥に弱いんです。

なので、水仕事や洗剤を使う作業のあとは、しっかり保湿しましょう。

できるだけ手袋を着用して、水・洗剤や衝撃から守るとベターです。

洗顔後に化粧水や美容液を使用するように、爪も保湿クリームやキューティクルオイルでいたわってあげて下さいね。

そのほかにも、長時間の入浴時には手先を湯船からだしておくなどの工夫もいいでしょう。

また、プールの塩素や温泉の成分は、ジェルがとれやすくなると言われています。

長時間つかることは出来るだけ避けたいですね。

長さを揃えたいとき

長持ちするジェルネイル。その間に爪が伸びて、長さが気になることもあるでしょう。

そんなとき、爪きりで切ってしまうのはNGです。

自爪に密着しているジェルが、爪きりの衝撃によって、爪先から割れてしまう原因になります。

爪きりではなく、ネイル用のファイルを使用しましょう。

普段を軽減しよう

いつも、利き手ばかり先に剥がれていく…、決まって同じ指からダメになっていく…そんな人はいませんか?

何度かジェルネイルを経験したことのある人しか分からないかもしれませんが、爪を引っかけたり負担をかける動作は少なくするに越したことはありません。

短い爪だから、と無理はしないで、便利な道具を使うなどして爪への負担を減らしましょう。

その他の注意点

ジェルネイルを長持ちさせること以外に、気をつけたいことがいくつかあります。

それは、メンテナンスに関わること。

爪の健康を保ったり、次のネイルを楽しむために必要不可欠なことですので、ぜひ確認してみてください。

浮いてきた、剥がれたとき

ジェルネイルの放置は、トラブルのもとです。

通常、2~3週間でメンテナンス、もしくはオフと冒頭に書きました。綺麗なままでいるからと、ずっと放置してはいけません。

また、浮いてきたけど、まだ数日しか経っていないからと、そのままにしてもいけません。

浮いた狭い部分に、水分が入り、カビが繁殖するグリーンネイルという現象を起こしてしまう恐れがあるからです。

グリーンネイルをおこしてしまったら、爪が自然に伸びてなくなるまで、ネイルをすることができません。

長い月日、ネイルおあずけになってしまうんです。

衛生的にもよくないので、早めにサロンでメンテナンスしてもらいましょう。

雑なオフ

浮いてきた、剥がれてきたからといって、力ずくで剥がしてしまうことは厳禁です。

爪に大きなダメージを与えてしまいます。

専用のリムーバーも売っていますが、サロンで安全に行って頂くことをオススメします。

最後に

ネイルアートは、健康な爪あってのものですね。

少しの注意で、ジェルネイルを長持ちさせたり、爪の健康を維持できたりするので、普段の生活の中で少し意識してみてはいかがでしょうか。

家事をするコツ
ジェルネイルをしながら上手に家事をするコツはありますか?

今、女性に大人気のジェルネイル。自宅で自分でつけたりアフターケアをすることもでき、丈夫で長持ちします。 気分も女子力も上 …

ジェルネイルをして日常生活で気をつけていることを聞いてみました。

せっかくジェルネイルをしたのに、すぐに取れてしまったり、爪が剥がれてしまったりすると悲しいですよね。

ジェルネイルの施術に問題があったケースもあるかとおもいますが、もしかしたら日常生活の中で、何か原因になることをしていたのかもしれません。

今回は、ジェルネイルをしてから日常生活で気をつけなくてはならないことは何ですか?というテーマでお話を伺いました。

ジェルネイルを始めたばかりだと、やってはいけないことや気をつけなくてはいけないことなど、あまりわからないですよね。

皆さんのお話を読ませていただいて、それで剥がれちゃってたんだ!とジェルネイルが長持ちしない原因に気づくことができました。

とっても参考になるお話が聞けたので、ジェルネイルの保ちで悩んでいる方は是非読んでみてくださいね。

ネイルのアフターケア
ジェルネイルのアフターケアはどうしていますか? 

今や女性のたしなみともいえる、ネイルケア。その中でも、ジェルネイルは自宅でもできるので大人気です。 ラメをちりばめたり、 …

ジェルネイルを初めてした際に、剥がれてしまったことがあります。施術にも問題がありましたが、私が手を洗った際にきちんと拭かず自然乾燥が多かったこと、また夏場なので乾燥対策をしていなかったことも原因と言われました。夏場でもハンドクリームで乾燥対策をし、なおかつ爪を保護するオイルをきちんと塗ることをおすすめします。

ジェルネイルの持ちを良くするには、なるべく手の保湿を保つことが大切だと、サロンの人に言われました。乾燥していると、どうしても爪自体が弱ってしまうだけでなく、根元部分の強さも弱くなりやすく、うきやすくなってしまうそうです。クルームなどを上手に使うことが大切です。あとは、使ったことはないですが、トップコートを塗ることもいいと聞いたことがあります。

人混みや電車など人が近いところに居るときは、爪が長いので肌や服をひっかけないように刺さないように気を付けています。 どうしても冬だと引っ掛かりやすいニットやマフラー、肌も乾燥しているのでちょっと強く触れただけで相手に大ケガをさせてしまうかもしれないからです。 あとは小さい子も急に飛び出してきて目に刺さったら怖いので、小さい子と触れあうときは本当に気を付けています。

ジェルネイルをしたキッカケは、自身の結婚式の時にネイルをしてほしいと思い、ちょうど職場の同僚がネイルを習っていたのもあって、快くやってもらいました。しっかりコーティングしてもらったので特にそんな気を付けることはなかったのですが、ただ料理をする時に包丁が不意に爪に当たったりしないか・金属製のものを触れる時に擦れたりしないか、を意識して過ごしました。

ジェルネイルに限らず、マニキュアを塗った状態での水仕事が一番落ちやすいので気をつけています。乾燥しているとはがれやすいので、皿洗いをした後はネイルのためにもハンドクリームは必須です。また、爪を切るときもネイルに合わせて慎重に切るよう心掛けでいます。塗ってある状態で、やすりを使うとボロボロになってしまうので、塗る前にある程度爪の形は決めてから塗ります。

爪の長さ
爪の長さは、どのくらいがベストな長さだと思いますか?

丁度いい爪の長さってどれくらい? 爪は、日常生活において“見た目”と“実用性”ともに非常に重要な役割を果たす身体のパーツ …

ジェルネイルを長く持たせるために極端に水を使う作業は避け、長時間水を使用する場合はゴム手袋などで爪を保護するように気をつけましょう。一番気をつけなくてはならないのは、剥がれてきた時の対応です。自分で無理やり剥がしてしまうと自爪の表面の部分も剥がしてしまう事があります。自爪は薄く弱くなります。またセルフで溶剤を使用し落とす場合も、正しい知識がないと自爪に必要以上の負担をかけてしまう恐れがあります。剥がれてきても、無理な事はせず現実維持を心がけなるべく早くお店でメンテナンスしましょう。

普通のマニキュアよりは長持ちすると言われているジェルネイルですが、やはり長時間の水仕事などには弱いようです。ジムでプールに長時間入るなどの行為は、ネイルの持ちを考えるとよくないと思います。事実、普段は1ヵ月に1回しかサロンに通わないのですが、ジェルネイルをしてもらってから3日後に友人に誘われ、ジムのプールに行った時は、2週間も持ちませんでした。それ以来、食器を洗うときも必ずゴム手袋をするようにしています。

私が気を付けているのは、お皿洗いやお風呂のときです。スポンジに引っかかったりとか爪も擦ってしまったりとかジェルネイルがダメになってしまう原因だと思います。指先に気を付けて生活していると疲れてしまいますが綺麗な状態を長く保つためには神経尖らせていないと駄目ですよね。主婦なんかは家事をしなければいけないので難しいですね。

ジェルネイルは自爪よりも強いので長ささえ出さなければ、特別気をつけなくても普段通り十分過ごせます。 特に気にせず綺麗な爪でいられるので本当に楽です。 ただ水気はしっかりとっておいた方が良いです。剥がれてきた時などは爪とジェルの間に水分が残ると爪にカビが生えたりすることがあるので要注意です。 寝る前などにオイルで爪の生え際辺りをケアしてあげるのも長持ちの秘訣です。

パーツを付けていると、どうしても爪が擦れたりで、パーツが浮き出たりしてくるので、それが肌に触れたりすると痛いので、子どもがいると危険なので、出てきてしまった時はジェルでかため直しています。 余り長い爪にしていると、爪をぶつけたりすると爪ごと割れたり剥がれそうになって出血するので、家事や用事をする時は、爪をぶつけないように気をつけています。

ネイルを変える頻度
ジェルネイルを変える頻度と長持ちさせるコツ

ジェルネイルを変える頻度 マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端技術です。 …







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ジェルネイル
-