マニュキュア初心者

2018/5/29

初心者が知りたい!マニキュアのアレコレ

  ネイルと言えば、まず「マニキュア」ですね。 初心者から上級者まで幅広く親しまれています。 マニキュアは何と言っても簡単に始められ、扱いやすいことが魅力です。 最近では、コスメのお店だけではなく、ドラッグストアやコンビニ、100均まで安く販売されています。リムーバー(除光液)も同じお店で販売されていますし、それを使えばすぐに落とすことも出来るので、毎日色んなネイルアートを試してみたい人や休日しかネイル出来ない人にもおすすめですね! マニキュアとは? マニキュアは別名「ネイルポリッシュ」とも最近 …

続きを読む

ジェルネイルで可愛く

2018/6/25

初心者が知りたい!ジェルネイルのアレコレ

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最初のジェルネイルは「ハードジェル」と呼ばれるもので強度があり、重いストーンなども付けられるので愛用されていましたがオフには削り落とさなければならず、自爪を傷つけてしまうリスクがあったためセルフネイルには不向きでした。 ソフトジェルが生まれてからはリムーバーでオフ出来るのでセルフネイルも手軽に出来るようになりました。 今回はジェルネイルに付いてご紹介します。 ジェルネイルとは? ジェルネイ …

続きを読む

スカルプチュア

2018/5/25

初心者が知りたい!スカルプチュアのアレコレ

スカルプチュアはジェルネイルの前に爆発的に流行っていたネイルです。 現在でも自爪が短くても長さ出しが出来るので結構需要はありますよ。 最近ではジェルスカルプチュアというのがあるので、ジェルネイルとスカルプチュアが同じものだと思っている方もいるみたいですがそれは違います。 今回はそんなスカルプチュアについてご紹介します。 スカルプチュアとは? スカルプチュアは元々樹脂素材を自爪に練ったものをつけたり、ネイルフォームの上で自爪の先端から長さ出しし付け爪を形成することです。所謂「人工爪」のことです。 なので、粘 …

続きを読む

ネイルチップ

2018/5/26

初心者が知りたい!ネイルチップのアレコレ

ネイルチップはみなさんよく知っていますよね? 自爪ではなく、爪型のチップにマニキュアやジェルでネイルアートするものです。 作って置けばいつでもつけることが出来るので、ライブやイベント前などに向けてお洒落なネイルチップを用意しておけばよいですね! 自分で作るのも簡単ですし、ネイルサロンやネイルチップ専門店で購入したり、今はハンドメイド作家さんも作られているオリジナル性の高いネイルチップを入手することも可能ですね! 今回はそんなネイルチップについてご紹介します。 ネイルチップとは? ネイルチップとは爪型のプラ …

続きを読む

髪の毛

白髪染めの頻度はどれくらいですか?

更新日:

白髪染めの頻度

白髪を染める頻度

ヘアケアを行う中で、厄介なのが“白髪”です。

体質によっては染めても直ぐまた新しい白髪が生えてきてしまうこともあり、美容院に通うとお金もかかってしまい大変ですよね。

セルフケアでは見えない場所の白髪には対応しきれない場合もあるので、ご家族と協力して白髪染めを行っている方も多いです。

白髪を染める頻度ですが、頻繁過ぎると髪にダメージがかかりそうだし、だからといって放置してしまうとズボラな印象を与えかねないのでどの程度のサイクルで染めればいいのか気になりますよね。

こちらでは、白髪染めを行う頻度について、様々な方々の意見を元にまとめてありますので今後の参考にしてみてください。

白髪染めの頻度の平均はどのくらい?

白髪の量によって個人差がありますが、一般平均では2ヶ月に1回程度白髪染めを行う方が多いようです。

部分染めのみを行ったり、全体染めを行ったり、自宅でのセルフケアや美容院の利用など方法も人それぞれで、染めてから大体3週間も経てば根元に再び白髪が覗くようになります。

頭髪は、1ヶ月あたり1cm伸びます。伸びた分だけ白髪も目立ってきますので、そこが染めるタイミングと言えるのではないでしょうか。

芸能人の方の中には、綺麗な髪色をキープするために美容院でまめにチェックをしてもらい、2週間前後で行う人もいらっしゃいます。

高頻度のケアを行うのはかなり負担があると思いますが、一般の方はどのようにされているのか気になりますよね。

白髪染めを平均より短いサイクルで行う人はどんな理由があるの?

全体染めは1~2ヶ月に1度だけれど、部分染めはもっと頻繁に行うといった方は、どうしても白髪が目立つ状態が嫌だったり、いつも清潔できちんとしたイメージを他人に持ってもらいたいという気持ちがあったりします。

美容院と市販の白髪染め液を使い分けている人は、1ヶ月ごと交互にやり方を変えてコストを抑えつつ髪の色をキープされているようです。

自分が満足できる微妙な色合いを保つのはなかなか難しいので、色味が変わってきたらすぐ染めるようにしている方もいらっしゃいます。

あまり外出しない人にとっては気にしないことかもしれませんが、営業職の方や友人と定期的に会っている方、親戚の集まりや結婚式などによく参加する方はマナーとしても染めざるを得ないですよね。

また美にこだわる方にとって、白髪は老け顔のもとです。

“ちょっとでも若く見せたい”という一心で、努力を重ねて白髪染めを行う人も非常に多いです。

年代としては50代前後の人が頻繁に染める傾向にあり、60代を過ぎるとむしろ白髪を生かしたヘアスタイルを楽しまれる方も増えていきます。

白髪染めを平均より長いサイクルで行う人はどんな理由があるの?

滅多に白髪染めを行わない人には、様々な理由があるようです。

まず、セルフケアに自信がなく必ず美容院で白髪染めを行うため、1度にかかる金額が1万円近くなってしまいコストを抑えるために回数を減らしているパターンです。

部分染め・全体染めによって若干金額に誤差はあるものの、やはり自宅で行うよりは高くついてしまうので必然的に期間が空いてしまう人は多くいらっしゃいます。

その一方で、美容院で行うともちが良く色が落ちない・髪がそんなに傷まないことから頻繁にしなくても大丈夫、といったケースもあります。

また市販の白髪染め液を用いている方でも、時間と手間がかかる作業なのでできるだけ少ない頻度で済ませたいと考える方も少なくありません。

そんなに気にならないからかなり目立ってきてからで…と先延ばしにしていると、そのようなサイクルになっていきます。

中には、4ヶ月以上経ってくると流石に白髪を隠しきれないので、帽子を被って限界まで白髪染めをしない方もいます。

本当は頻繁に染めたいけれど、金銭面や時間に余裕がないことなどを考慮して我慢されている方が多いみたいですよ。

白髪染めを長持ちさせる秘訣は?

物理的に白髪を見えなくすればいいや、と考える方は、帽子やヘアアレンジ、カラースプレーなどを利用して次に染めるまで粘ることもあるでしょう。

しかし限界が来て染める必要が出てきた場合、誰もが染めたての色をそのままキープしたいと考えますよね。

まず大切なのが、白髪染め後に必ずトリートメントを行うということです。

キューティクルが開いたままの状態で過ごしてしまうと、どんどん染めた液が流れて色落ちしていってしまいます。
染めたら髪の質を整えて、水分を保持できる環境に仕上げましょう。因みに美容院でしたら、何も言わなくてもトリートメントでアフターケアをしてくれることが多いです。

セルフケアの場合は、染め時間をしっかり守って必要に応じ染めている間にヘアキャップを被ると、色がよく浸透して長持ちします。

染めた後日は紫外線を極力浴びないよう注意して、UV効果のある帽子や日傘を用いるなど対処していきましょう。

どんな白髪染めがオススメなの?

基本的に“ヘアマニキュア”という表記がされているものは、頭髪へのダメージは少ないものの色落ちが早い傾向にあります。

毛質によっては2週間程度で色が抜けてしまうこともありますので、色持ちを重視するのであれば“ヘアカラー”と表記されている製品を選ぶようにしましょう。

ヘアカラーでは個人差がありますが3ヶ月ほど持つこともあり、ケア次第で白髪染めの回数を抑えることもできますよ。

またどの白髪染めを使用するにしても、必ずパッチテストを行うことが安全度を高めるのに重要です。

中には美容成分が配合されているものもありますので、髪の毛に与えるダメージとお手入れ頻度のバランスを見ながら白髪染め液を選ぶようにしてくださいね。

最後に~

白髪染めは、どんな方法で施しても少なからず頭髪に負担をかけてしまいます。

よって、長持ちさせて行う頻度を極力減らすことが頭皮や頭髪を守る近道となるのです。

それぞれのライフスタイルに合わせて白髪染めの頻度を決め、いつでも美しい髪でいられるように工夫していきましょう。

白髪染めの間隔
白髪の生え際、何センチくらいになったら染めますか?

一度白髪を染めても、すぐに髪の毛が生えてきて白髪が見えてしまい、苦労している女性は多いと思います。 生え際の白髪は気にな …

次のページへ >







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-髪の毛
-,