恋愛

バレンタインデーの予算はいくらですか? 

更新日:

もうすぐバレンタインデー!

街のあちこちはバレンタインムードに染まり、男性も女性もウキウキする時期ですね。

最近では百貨店でもチョコレートフェアを行い、世界中のチョコを食べることができますが、珍しいものは1粒で1000円から、中には何1000円もするものもあります。

皆さんは、バレンタインチョコにどのくらいお金をかけているのでしょうか?

今回はバレンタインデーにかける予算についてお伝えします。

本命には豪華に、有名なブランドのものを

調べによると、バレンタインデーに本命にかける予算は、プレゼントも入れて5000~10000円が平均のようです。

最近ではチョコだけでなく、ちょっとしたプレゼントを贈るのが主流のようですね。

ネクタイやハンカチ、ビジネスで使う万年筆やボールペンなどが人気です。

チョコは有名ブランドで、あまりかさばらないものを添えて渡すと喜ばれます。

義理チョコや職場でのお付き合いチョコには手書きのメッセージ添えて

義理チョコや、職場でお世話になっている人にあげるバレンタインデーの予算は、平均で1000~1500円です。

仲良くしてくれている友人や、日ごろお世話になっている同僚や上司へは、豪華さはない分、手書きのメッセージで気持ちを伝えましょう。

義理やお付き合いとはわかっていても、メッセージがついていることで、嬉しい気持ちが倍増します。

また、職場へは、チョコがたくさん入った詰め合わせを持っていくことも多いようです。

その場合は3000円くらいの詰め合わせなら、見栄えもよくみんなが喜ぶでしょう。

友チョコはウケ狙い&手作りのかわいいラッピングで盛り上がろう

今は女性同士でも「友チョコ」を交換したり持ち寄ったりして楽しむバレンタインもあります。

その場合のバレンタインの予算は、500円以内が多いようです。

レトルトカレーの箱に入ったチョコや、しょうゆのビンに入った粒チョコなど、ウケ狙いの楽しいものも、お手頃な値段で種類がたくさんあります。

また、友チョコを手作りすることも多いようです。

市販のお菓子を組み合わせたり、お菓子作りキットを買って来たりして、チョコやケーキを焼いたり。

今は100円均一ショップでも、お店で売っている商品のようなかわいいラッピングができるので、手作りの予算は、1000円ほどですみます。

みんなでワイワイ作って楽しく過ごすバレンタインも、楽しくていいですよね。

最後に

多くの人が、バレンタインデーには、多少値段が高くても本命の相手にはおいしいものや喜んでもらえるものを贈ってあげたい、と思うようです。

また、恋人とだけでなくても、普段仕事でしか付き合いがない職場の人とのコミュニケーションのきっかけになったり、友達と楽しい思い出を作る日にもなりますね。

みなさんすてきなバレンタインデーを過ごしてくださいね!

バレンタインの予算はいくらなのか聞いてみました。

学生時代はあまり気にしなかったけど、社会人になると職場の人に配ったり、彼氏にも高級チョコをあげたり、なにかと予算がかさみますよね。

職場の人にはどのくらいの値段がいいのか、安すぎても失礼かもしれないし、高すぎると気を使わせてしまうかもしれない…

彼氏も、安すぎると盛り下がるし、かといってあまり高級すぎてもお返しのプレッシャーをかけてしまう。

どのくらいのチョコを渡すのがベストなのか、プレゼントもつけるならどのくらいの金額がちょうどいいのか、悩みますよね。

他の人がバレンタインにどのくらいの予算をかけているのか気になりませんか?

渡す人によって金額も様々だと思いますが、色々なパターンを挙げてくださっているので、皆さんが参考にできると思います。

これを読めば、バレンタインの悩みも少し減ること間違いなしです。

私のバレンタインの予算は彼氏や旦那さんなどの本命は今までに5,000円です。
手作りのチョコレート菓子とネクタイやマフラー、手袋、ハンカチなどの簡単なプレゼントを購入しています。
その他にお世話になっている方々にあげる場合はだいたい1,000円を少し下回る値段程度で買えるチョコレートを義理チョコとして渡しています。
バレンタインデーの予算は、友達だったら500円ぐらい。友達以上恋人未満だったら2000円から5000円の間。恋人なら10000円から15000円ぐらいが予算です。もちろんチョコレート込みの金額ですが、金欠の場合は手作りチョコを大量に作って、なるべくお金をかけないようにしますが、今100円ショップでかわいいラッピングがたくさんあるので、そこでごまかしちゃいます。
毎年主人と息子と会社の方に用意しています。主人には娘と一緒に手作したお菓子とちょっとしたプレゼントをあげます。息子には手作りのお菓子のみです。手作り材料費が1000円くらいで、プレゼントが2000円くらいです。
会社は300円が15にんで、4500円くらいですので、全部の合計で約7500円です。毎年10000円以内におさめるようにしています。
多分、市販の物は購入しないので、手作りにします。材料費として、1000円以内になるかと思います。チョコレート、生クリーム、卵、小麦粉で、簡単に作れるガトーショコラを作る予定です。毎年、作ってます。毎年、評判がいいので恒例になっています。バレンタインのチョコレートの市販の物は、美味しそうなものがたくさんあるので、好きな物があれば、自分用に1000円以内で購入したりもします。
予算の縛りはあまりありませんが
あげるなら良いものや美味しいものって思ってついつい高いチョコレートをかってさはまいます。
大体3000円から5000円くらい。
手作りなら1500円位に押さえられますね。
ラッピングを入れてもその位です。
出費を抑えたいので、ここ最近はほとんど手作りです。
買うより安いしボリュームがあるから、あげごたえがある。
毎年のバレンタインはお付き合いしている人はいないので、ほぼ、義理チョコです。勤め先の方に、ご挨拶と言う形でチョコを送ります。かなりの個数がいるので、手作りのものを送ります。だいたい、ミルク板チョコを10枚、ホワイト板チョコを10枚、クッキー13枚入りを1箱、生クリーム1パック、ラッピング用のミニ袋30枚入りを、3から4袋買います。なので、総額で3000円くらいの予算です。
バレンタインデー一つにしても最近は女性同士でプレゼントしあったり、彼にあげるものか、旦那になのかお父さんへなのか様々な場面があるかと思いますが、私の経験では・・・
友チョコ・・・2000円 デザインを重視 綺麗・かわいい系をチョイス
彼氏・・・3500円 ハートや思いを伝えられるような形・デザインを重視
主人・・・5000円 味や質を重視。なぜなら、主人のプレゼントする名目で自分も食べたいモノをチョイスしてしまいます。
お父さん・・1000円 あくまでも形だけなので、、、簡易的なもので済ませてしまいす。
職場のお世話になっている上司は2000円くらい、同僚は、1000円くらいです。
旦那さんには、お菓子類(チョコレートは苦手なので)は手作りし、プレゼントは5000円くらいの物を用意しています。
職場の方には、お返しを考えて、あまり負担にならない金額にしています。
また、非常にお世話になっている、特別な方以外には、みなさん同じ金額の同じ種類のものを渡します。
本命の彼は3000円台で、彼の好きな甘めのチョコレートを百貨店のバレンタイン展で試食して決めます。特別に仲のいい友達には1000円台で可愛いパッケージのものにします。職場への義理チョコはたくさん入って安めのものを。トータルの予算は1万円で考えていますが、気に入ったものを選びたいので毎年オーバーしてしまいます。
もう直ぐバレンタインデーです。バレンタインデーの場合、女性は好きな人と職場などの義理のチョコをあげます。ではその時の気になる予算ですが、好きな人に対しては手作りチョコやマフラーなどの物をあげる場合があります。チョコをあげる場合はゴディバなどの良いチョコ(予算でいうと1000円以上)をあげますが、義理チョコは300円や500円程度のものになることが多いでしょう。差をつけるのがポイントです。
バレンタインに告白
バレンタインに告白して成功した体験談 

もうすぐバレンタインですね。 街中にはバレンタインに向けた華やかな商品がずらっと並び、雑誌でもバレンタイン特集が組まれ、 …







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-恋愛
-