恋愛

男友達にドキッとした体験談 

更新日:

普段は異性として意識していない男友達でも、ドキッとしてしまうことがあるのではないでしょうか?

今回は、皆さんが男友達にときめいた体験談を集めてみました。

やはり一番多かったのは、男友達の男性らしい一面を見た時の体験談でした。

普段異性と思っていないだけに、そういう一面を見せられると他の男性の倍くらいドキッとしてしまいますよね。

全く女性として意識してないんだろうな、と思っている分、不意打ちになるのでドキッとしやすくなるのだと思います。

男友達だと、お互いに内面もよく知っているので付き合ったら楽しいだろうなと思うこともありますよね。

しかし、もし別れてしまい以前のように友達に戻らなかったり、いつも遊んでいるメンバーで集まらなくなったり、今の関係とを天秤にかけるとなかなか踏み出せない。男友達との恋愛は難しいですよね。

皆さんの体験談を読んでいると自分のドキドキした経験も一緒に思い出せてとても楽しいですよ。

同じ職場の男友達にドキッとした経験があります。
いつもふざけ合っていて、職場では良きライバルでした。
ある日私が苦手なパソコンに悪戦苦闘していると私がパソコンの席に座っているのに後ろから「どれー?見せてみー!」と助けに来てくれた時の体制に思わずドキッとしてしまいました。
私の背中に彼の胸が当たっていて後ろから抱きつかれたような感覚でした。
普段あまり意識してなかった男性が、夏場になりTシャツできたときがありました。あまり、背も高くなかったので、この人は友達どまりかなと思っていたのですが、Tシャツからでた腕はしっかりとたくましく鍛えられており、お腹もまったく出ていなかったので、気になり始めました。やっぱり、男性らしい体をしていると、こちらまで意識してしまいます。
電車移動の際、車内が混み合っていました。
男友達と壁側に立っていたのですが、さらに人が乗り込み、押しつぶされそうになりました。
そんな時、男友達が私がつぶれないように、私を角へおいやり潰されないように、でもあまり私にくっつかないように守ってくれました。
彼の行動と、彼の腕の力強さに、今まで感じたことはなかったですが、ドキドキしてしまいました。
普段男友達として仲が良かったのですが、男友達の方から遊びに誘われました。
そして2人で遊ぶことになりました。
当日なぜかすごくドキドキしてきて緊張していました。
遊園地に行くことになっていたので、色んなアトラクションに乗りました。
最後に観覧車に乗ろうといわれたので一緒に乗りました。
観覧車が頂上になったぐらいに目をつぶってといわれました。
目をつぶると、キラキラ輝くイルミネーションの景色に変わっていました。
そして、「付き合って下さい」と言われました。
本当にその時ドキっとしていました。
その時は「お願いします」といって付き合ったのですが、やはり友達という関係がよかったので彼氏彼女ではなく今は友達として付き合っています。
普段は友だちとしてしか思っておらず、平気でふだけあって遊んでいた彼でした。ある日、私が転んで手を捻挫してしまうことがありました。その時、痛がる私にとても優しく声をかけて励ましてくれ、すぐに病院に連れて行く手配をしてくれました。それまでは何とも思わなかったのですが、いざという時にとても優しい彼にドキッとしてしまいました。
仲が良い女の子3人男の子3人で遊園地に行くことになりました。
そしてお化け屋敷に入ることになり、ぺアを組みました。
話しているととても楽しい男友達とペアになり、お化け屋敷の中に入りました。
私は怖がりでお化け屋敷に入ることも嫌だったけど、強がって入ってしまいました。
すると男友達が「大丈夫?強がらなくてよかったのに。怖かったら腕掴んでいいよ。」といってくれました。
普段なんとも思っていない男友達だったけど、その言葉でドキっとしてしまいました。
付き合うことはなかったけど、今でも仲の良い友達として付き合っています。
大学時代の経験なのですが、サークルが一緒の仲良しの男友達がいました。基本サークル関係のことをする時は何をするときも一緒で、お互いに別に好きな人がいて相談しあうぐらいだったので、恋愛対象としては意識していませんでした。ある日、いつものように2人で飲みに行ったのですがその彼が辛いことがあったあとですぐに酔ってしまい、ふいに「ぎゅってしてもいい?」と聞かれ、私は冗談だと思い「もう何言ってるの?水でも飲みな?」と軽くかわしたのですが…「本気なんだけどなぁ」っとぼそっと言いいながら見つめてくる彼に、ドキッしました。
結局そのままお互い流してしまいましたが、あの時の私の返す答えが違うものならどうなっていたのだろうと今でも時々思い出します。
私が男友達にドキッとしたのは、いつもバカなことばかり言い合う男友達がいました。ちょっと変わっていて、女性といるよりも男友達といる方が楽だという考えの子でした。そんな彼もいて何人かで飲んでいた時に共通の男友達が「????(男友達)が一番いい女は××(私)だと言っていたな。緊張を与えないのが××って言っていた」と言ってきたときになぜかドキッとしました。
 男女の親友としてよく遊びに行ったり、お互いの恋愛相談したり、講義を二人でサボったりとよく一緒にいました。お互いに好きなひとや付き合ってる人もいました。
居心地もよくて一緒にいると周りからカップルにまちがえられることも。本当にときめくことがなく、男として全く意識してなかったのですが、私が付き合ってた彼にふられたときに、その親友に「フラレター」とふられた経緯など話してたら、何も言わず全部聞いてくれて、頭をポンポンってされたときに、初めてドキっとしてしまいました。
でもそのドキっとも、お互いに恋愛には発展せず、今でも深憂です。
大学時代にサークルに入り、いつも一緒に行動していた男友達が二人いた。そのうちの一人が優しくしてきたときはドキっとしたが、その時彼には彼女ができたばかりだった。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-恋愛
-