ジェルネイル

ジェルネイルのアフターケアはどうしていますか? 

更新日:

ネイルのアフターケア

今や女性のたしなみともいえる、ネイルケア。その中でも、ジェルネイルは自宅でもできるので大人気です。

ラメをちりばめたり、ストーンをつけたり、せっかくキレイにできたジェルネイルですから、そのキレイさは長持ちさせたいですよね。

今回は、ジェルネイルのアフターケアについてお伝えします。

指先に負担をかけすぎないようにする

自爪よりもはるかに丈夫なジェルネイルですが、長めのジェルネイルの場合、重いものを持ったり、缶ジュースのプルタブをグイグイ引き上げて指先に負担をかけすぎると、割れやはがれの原因になってしまいます。

自爪が伸びてきてしまって長くなってしまったら、爪やすりなどで削って長さを調節しましょう。

うっかり重いものを持ってしまい、ひっかかって自爪ごとはがれてケガをする可能性もありますので、指先への負担は最小限にした方がいいですね。

また、家事の際に水や洗剤が入り込むことでもはがれの原因になります。食器洗いやお風呂掃除などは、ゴム手袋を使って行うようにしましょう。

汚れはこまめに取り除く

ジェルネイルのツヤツヤの輝きを長持ちさせるために、汚れはこまめに取り除きましょう。

爪の間やジェルネイルの表面についた汚れをそのままにしておくと、ツヤツヤの輝きがくもってしまい、せっかくのデザインやカラーも台無しに。

綿棒で爪の間の汚れをふき取ったり、ジェルネイル専用のクレンジング剤でネイルの表面をふきましょう。

また、衣服の染料がジェルネイルの表面に着色してしまったり、タバコや紫外線によっても変色することがあります。

メイクを落とす際に、メイクの色がうつってしまった、ということもありますので、着色や変色してしまった場合は、サロンに相談してリペアしてもらうといいでしょう。

保湿オイルやクリームで乾燥対策を

ジェルネイルは爪周りの皮膚が乾燥することで、はがれやすくなってしまいます。

ジェルネイルを長持ちさせるために、ネイル専用のオイルやクリームで爪周りをマッサージして保湿しましょう。

せっかくきれいなジェルネイルも、ささくれやカサカサがあるとちょっと残念になってしまいます。

ネイルを美しく見せるためには、爪周りのケアも必要なのです。

最後に

女性にとって、ネイルをキレイに保つことは、すでに身だしなみの1つになっていると言っても過言ではありません。

指先がきれいな女性に、男性はドキッとときめくもの。

しっかりとあふあーケアをして、サロン帰りの美しいネイルを長く楽しみましょう。

爪の長さ
爪の長さは、どのくらいがベストな長さだと思いますか?

丁度いい爪の長さってどれくらい? 爪は、日常生活において“見た目”と“実用性”ともに非常に重要な役割を果たす身体のパーツ …

ジェルネイルのアフターケアってどうしてるのか聞いてみました。

爪からおしゃれをするって女性にとっては大事なことですよね。

ジェルネイルをしたことはありますか?

ジェルネイルってとってもおしゃれで長持ちするのでとてもおすすめなんですよね。

でも塗ってからもお手入れはしっかりしなければなりませんよね。

ということで今回はジェルネイルのアフターケアはどうしていますか?というテーマでみなさんからお話を聞いてみました。

長持ちするとは言っても、爪を傷つけないように丁寧に扱わないと長持ちしません。

みなさんはどんなふうにアフターケアをしているのかまとめてあります。

セルフでネイルをしている場合や、サロンで教えてもらったことなどさまざまな方法があります。

あなたもお気に入りのネイルを美しく保ちましょう!

ジェルネイルで爪が痛む
ジェルネイルで爪が痛んだ時の対処法

ジェルネイルで爪が傷んだ!そんなときどうする? ジェルで爪は守れません。ケアもセットで考えよう ツヤツヤぷっくりが可愛い …

セルフジェルネイルをすることが多いのですが、やはりお店で施術してもらうよりもジェルが剥がれやすくなっています。そのため爪を傷つけることも多く、剥がれてしまった後は明らかに爪がもろくなっているように感じます。剥がれてしまったorジェルオフした時は必ずネイルオイルを塗ることと、ハンドクリームをこまめに塗ることをしています。 また、次のジェルネイルまではできるだけ間をおいて、爪が伸びて、もろくなった部分を切るようにしています。
ジェルネイルネイルを長持ちさせるには、やっぱりアフターケアが大切だと感じます。爪にとって乾燥は大敵です。ジェルネイルした爪には普段よりもしっかり目にハンドクリームやオイルを塗っています。伸びてきた爪にもしっかり塗り、ついでに軽く手をマッサージします。あとは、途中で自分でトップコートを塗って補強することもあります。
ネイルしても、したことに満足してアフターケアを特にしていませんでした。 しかし、サロンに行った時にネイルをもっと保たせたいという悩みを相談したところ、透明のマニキュアのようなものを勧められました。これは、爪の皮膚に栄養を与えられるもののようでした。ネイルの上から塗っても、乾くと特に変化することはなく、ネイルが長持ちするそうです。ネイルしてなくても、爪に良いようだったので、購入して塗っています。
ジェルネイルをすると、そのときはすごくかわいいのですがやはり爪が伸びてくると、目立ちやすくなります。それで爪が乾燥してきてせっかくのネイルが割れてしまうこともあるので、保湿をすることをとても重要視しています。保湿をしはじめてから、爪が割れにくくなったのはもちろんですが、ジェルネイルを外した状態のときも綺麗になった気がします。
せっかく可愛くやったジェルネイルも、もちが悪かったら悲しいのでアフターケアはきちんとしています。 私が行っているのは、 ◯ジェルネイルは水に弱いので、 皿洗いや水を手で扱う作業のときは、 ゴム手袋をする ◯お風呂のときは、 シャンプーブラシを使いなるべくジェルネイルが痛まないようにする ◯爪の乾燥を防ぐために、 ハンドクリームやオイルを定期的に塗る などしています。 これらのアフターケアをすることで、何もしないより格段にジェルネイルのもちが良くなります。
ジェルネイルの施術時間
ジェルネイルの一回の施術時間、料金はどれくらいですか。

手先を美しくキープすることができるジェルネイルは、持ちが良く立体的なデザインを作れるので多くの女性からの支持を得ています …

ジェルネイルのアフターケアですが、私の場合ジェルネイルを落としてからネイルオイルを塗ってハンドクリームを付けてケアをしています。しばらくジェルネイルをやり続けていた場合は1ヶ月程ジェルネイルをせず爪を休ませてあげたります。爪も皮膚と同じで呼吸をしています。ずっと付けっ放しは爪に良くないのでこのようにケアをしています。
ジェルネイルをした後は、食器洗いをしたりする際にも必ず手袋をして行います。爪や手の乾燥予防と、ネイルの傷ませないためにです。そして、必ず手を洗ったらジェルネイル用のハンドクリームを爪付近を始めに付け指をマッサージしながらつけて手のひら全体にもなじませます。ジェルが伸びてきたら、自爪に負担にならないように静かにやすりで削っています。
私はジェルネイルを3週間ほどで変えるのですがやっぱりその間も綺麗なツヤ感を保ちたいのでオイルを指先に塗っています。ネイルサロンでも普通の化粧品コーナーにもあるのでその時の気分に合わせて香りを選びます。ちょうど1年ほど前から店員さんに勧められてオイルを塗り始めましたが、ネイルサロンは変えていなくても爪の傷みもなくなりツヤ感も増しました。
資格は持っておりませんが、趣味でジェルネイルをしています。私の場合はジェルネイルが完成したら爪の生え際にキューティクルオイルを塗るだけです。それ以外は何もしませんが、お湯につけすぎるとジェルネイルが剥がれやすくなると聞いたことがあるので普段の生活では極力、長時間にわたってお湯につけるのは避けています。
ジェルネイルをすると、サンディングやジェルが原因でどうしても爪が弱くなったり薄くなってしまうので、以前、ネイリストさんにお薦めしてもらったOPIのアボプレックスオイルという爪を強化するオイルを、毎日ちょこちょこ塗って健康な爪が生えるようにマッサージしています。 乾燥した指も保湿されてとても使いやすいです。香りもいいです。
ネイルを変える頻度
ジェルネイルを変える頻度と長持ちさせるコツ

ジェルネイルを変える頻度 マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端技術です。 …







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ジェルネイル