ネイル

爪が割れてきた時の対処法 

更新日:

爪が割れてきたときの対処

まずは、爪が割れた原因を探ろう!

ネイルサロンへ行って、爪を綺麗にしても割れてしまっては、悲しいですよね。

また、爪が割れてしまうと、地肌が無防備な状態にさらされ、そこへばい菌が入って化膿してしまうなんてことも。

まずは、爪が割れる原因を知っておきましょう。

1、栄養不足

実は栄養が足りなくても、爪が割れやすくなってしまいます。

では、何の栄養をしっかりとっておけばいいのか?

それはタンパク質です。

一緒にビタミンB6、ビタミンC、亜鉛も取りましょう。

2、冷え性と爪の乾燥

冷え性だと、血液が上手く循環せずにやはり栄養が爪まで行き届きません。

また、爪も実は皮膚の一部なので、肌荒れのひび割れ同様に爪も割れてしまいます。

ハンドクリームや爪専用のネイルオイルを使い、爪をお手入れしてあげましょう。

焦らないで!爪が割れた時の対処法を知っておこう!

次に、実際に爪が割れてしまった時に悪化させないための対処法を紹介します。

1、爪を切る。

そんなに酷くない場合は、爪を切るだけで十分です。

割れている部分を切ってしまえば、何かにひっかけたり、皮膚を傷つけることもないですね。

2、傷が酷い場合は、消毒して病院へ。

爪が割れて、血が出ていたり、割れ方が深い場合は、患部を消毒して清潔に保ちましょう。

清潔にしないと、患部からばい菌が入り込み化膿してしまいます。

消毒後は、ガーゼや包帯で固定しましょう。絆創膏は爪がくっついてしまい悪化させてしまう場合もあるので、ガーゼや包帯の方がよいでしょう。

そして、本当に酷い場合は、そのまま病院へ受診しましょう。

3、トップコートや爪用接着剤を使おう。

これは、出血もなく、痛みがない場合のみの対処法です。

トップコートや爪用接着剤を塗って、さらなる爪の割れを防ぐことができます。

爪用接着剤は効果的です。

利点は、元々ネイル用の接着剤なので、強力な接着力と速乾性、取れにくさにあります。デメリットは爪への負担です。

接着剤は、変な所についてしまうと、取れなくなるので、爪楊枝などを使い慎重に使ってください。

ただし、あくまで応急処置なので、その後ネイルサロンでケアしてもらう方がよいですよ。

日頃のケアが指先美人への道

頻繁に爪が割れてしまうと、可愛いネイルを楽しめなくなってしまいますよね。

日頃から予防しておくだけで、爪割れを起こしにくくすることが出来ます。

具体的には、爪が割れないために常に透明のトップコートを塗って爪自体を強化したり、身体の内側から爪を強いものにしていくことです。

後者は爪の栄養になるたんぱく質やビタミン類を取って、ストレスフリーな生活を送ることで身体の内側から割れない爪を作って行きます。

具体的には「納豆」「豆腐」などの大豆製品が、爪の栄養に必要なタンパク質も亜鉛もビタミンも摂取出来るので理想的な食べ物です。

早速、朝ごはんに取り入れてみてはどうでしょうか?

ネイルのアフターケア
ジェルネイルのアフターケアはどうしていますか? 

今や女性のたしなみともいえる、ネイルケア。その中でも、ジェルネイルは自宅でもできるので大人気です。 ラメをちりばめたり、 …

爪が割れてきたときの対処の方法を聞いてみました

爪って人それぞれ形や、厚み、硬さなど違いがあります。爪の質によってはちょっとしたことで割れてしまうということもあると思います。

女性であればおしゃれのために可愛い爪を保つために長く伸ばしていたら割れてきてしまったなどといろいろハプニングはあると思います。

そんな時どうしたらいいのかわかりませんよね。

ということで今回は「爪が割れてきた時の対処法」についてお話ししてもらいました。

せっかく伸ばしていた爪が割れてしまったりするとショックですよね。

ちょっと割れてしまっても対処方法次第で何とか爪を守ることができるかもしれません。

割れないようにするためにはどうするのかといったこともお話ししてくれているので参考にしてみてください!

ネイルを変える頻度
ジェルネイルを変える頻度と長持ちさせるコツ

ジェルネイルを変える頻度 マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端技術です。 …

爪が割れたときは、爪やすりで割れた部分をできるだけ滑らかにしてベースコートまたはトップコートを塗ります。乾燥により爪が割れやすくなるので、乾燥対策としてキューティクルオイルを塗ります。外出先や仕事中などには爪まで丁寧にハンドクリームを塗るようにします。さらに、時間に余裕のあるときは、ネイルサロンでネイルケアをしてもらいます。

爪が割れてきた時は、近くに爪切りがある状況ならばすぐに使って割れが広がらないようにします。また外出時等すぐに爪切りを使えない場合であれば、ポーチの中に携帯している絆創膏で爪を覆って、割れが広がらないよう、またストッキングに引っかかって伝線するのを防ぐようにしています。更に、仕事柄爪を伸ばせないので、定期的に爪を切ることでかなり爪の割れを防ぐことができます。

爪を伸ばしていると、何かの拍子に爪が割れてしまったり、欠けてしまったりします。面倒臭いときやネイルをする予定がないときには、その割れたところや欠けたところまで爪を切ってしまうこともあります。でもそうはいかないときは、割れたところを、透明なマニキュアで補修するようにしています。これで完璧!とまではいきませんが、ある程度はこれで安心出来ると思います。

爪は女性にとってオシャレするポイントです。なのである程度の長さを維持しているわけですが、パソコン業務をしていた時に引っかかてしまい爪が割れてしまいそうになりました。そんな時に速効性を発揮するのがアロンアルファです。これはカバン中に常備しており、割れそうになったら直ぐにつけて、その上から絆創膏を巻いてます。

私は元ネイリストです。 爪が割れてしまう原因は多数ありますが、原因の1つに考えられるのが、乾燥です。クリームやオイルなどを塗って保湿してください。 割れてしまった場合、ネイル用のグルーなどで亀裂を塞ぐといいと思います。 ジェルネイルや、マニキュアなどを塗っておくと多少強度が増すので割れにくくなると思います。 私はずっとジェルネイルをしているのであまり割れなくなりました

ジェルネイルの施術時間
ジェルネイルの一回の施術時間、料金はどれくらいですか。

手先を美しくキープすることができるジェルネイルは、持ちが良く立体的なデザインを作れるので多くの女性からの支持を得ています …

洗濯物を干したり物を取ろうとすると、いつも爪割れします。 割れる所はそのたびに違うのですが、血が出たりする位深い所までいくと爪切りでは痛くて切れないので絆創膏を貼って1~2週間ぐらい放置してから爪切りで少しずつ切っていきます。 それの繰り返して、元の長さに切りそろえておしまいです。

爪が割れてきたら私はとりあえず絆創膏を貼ってひっかかりを防ぎます。家に帰って補強できそうならティッシュを割れたサイズに切って瞬間接着剤でくっつけその上からジェルネイルで補強します!横割れの場合はこれで全然気にならなくなるしネイルも楽しめます!かなり深くまで割れてたら補強はせず深爪覚悟でむしってヤスリで整えます。

ネイルが趣味で爪に負担なんかそんなにかからないだろうと甘く見ていました。しかし、あるときネイルを取ってみると、二枚爪になっていてびっくりしました。そのとき私は、ネイルケア用のオイルを塗ったり、こまめに爪を切ったりして対処しました。

その場に爪切りがなければ応急処置として、絆創膏で今以上、爪が割れてこないようにします。とりあえず、なので長持ちはしないですけど、意外にひどくなることがありません。絆創膏を貼るときの注意点としては水分がない状態にすることです。絆創膏を剥がすときは割れていない方向から割れている方向に向けて取ると今以上に爪が割れることがないので、オススメです。

秋冬になると乾燥して足の爪が割れる時があって、引っ掛けると痛いんですよね、コレが。私はビタミンE入りのクリームを爪に優しく塗った後、靴下履く時に引っ掛けないよう取り敢えず絆創膏でガードします。爪の根元まで割れる時もこの方法が一番でした。透明のネイルでガードした時もありましたが、割れた爪裏の皮膚に入ってしまい、滲みたりして大変でした。

爪の長さ
爪の長さは、どのくらいがベストな長さだと思いますか?

丁度いい爪の長さってどれくらい? 爪は、日常生活において“見た目”と“実用性”ともに非常に重要な役割を果たす身体のパーツ …







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ネイル
-