ネイル

ブライダルネイルで結婚式当日の指先を美しく

投稿日:

ネイルの種類と特徴

ブライダルネイルに関わらず日頃から爪のお洒落を楽しむ女性は多いはず。

結婚式は指輪交換や写真撮影など、指先に視線が向く機会が多いため、爪のデザインもこだわり素敵な結婚式を演出したいものですよね。

ネイルには大きく分けて4つの種類があり、持続性や光沢感などの違いから好みも人それぞれ異なります。

まずは、ネイルの種類や特徴、ブライダルネイルに向いている爪のデザインなどを見て行きましょう。

1・チップ

付け爪やチップと呼ばれる、付け外しが可能なネイルです。

サロンでデザインを考えて作ってもらうこともできますが、ネイル好きの女性であれば、挙式をイメージしたり、ドレスの色や雰囲気に合わせたり、仕上がる工程もドキドキしながら楽しむことができます。

また、チップをいくつか準備しておいて、お色直しの際にネイルチェンジができるのも女性にとっては嬉しいです。ネイルが崩れてしまう心配がないため、挙式終了後は結婚式の記念として一生保存できるのもチップの魅力です。

2・ジェルネイル

ここ数年、爪のお洒落の定番となったジェルネイルです。

仕上がりがぷっくりしているのが特徴で爪の形や光沢感も一番人気があるネイルです。

持続性やデザイン性は抜群ですが、爪の長さを調整したり、チップのように保存したり、自由に外すことはできません。

そのため、挙式後もネイルをしたままで生活に支障がでない方や記念としてネイル保存を考えていない方におすすめです。

3・マニキュア

誰でも簡単に挑戦できる、塗るだけでOKのマニキュアです。

色の種類が豊富なので重ね塗りやグラデーションなど、デザインも自由に仕上げていくことが可能です。

マニキュアは、特別に難しい作業がない分、剥がれやすく持続性が悪いという欠点があり、結婚式には向かない場合もあります。

また、爪の形によっては不格好に見えてしまうおそれがあるため、指の長さや爪の形を少しでも長くキレイに見せたいという方にはおすすめしません。

4・スカルプチュア

爪の長さを自由自在に変えたいという方には、断然スカルプチュアをおすすめします。

見た目がぷっくりしてジェルネイルとほぼ同じなので、結婚式や生活シーンに合わせて選ぶ女性はかなり多いです。

記念に残すことはできませんが、持続性やデザイン性、見た目もキレイな指先に仕上がるため、ブライダルネイルに最適なネイルになります。出始めから年数が経った今も変わらず根強い人気があります。

ドレスや着物に合わせたデザインを!

ブライダルネイルをするなら、ドレスや着物に合わせて色やデザインにこだわりましょう。

ベースを白やベージュにおさえて、色味を入れる時はドレスや着物のカラーに合わせると、より美しいネイルに仕上がります。

興味のある方は、ネイル専門店やサロンにて確認してください。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ネイル
-