ジェルネイル

爪に優しい弱酸性ジェルネイルって?

投稿日:

ジェルネイルは見た目の綺麗さと持ちの良さが魅力ですね!ただし、爪に直接つけるわけですから負担はそれなりにあります。最近ではオフ時に爪を削らなくてはならないハードジェルよりもアセトン入りのジェルリムーバーで落とせるソフトジェルが主流になってきているので大分爪の負担が減りましたけどね。

あなたはカラージェルにも「弱酸性」があるってご存知でしたか?今回はその「弱酸性ジェルネイル」についてご紹介します。

弱酸性のカラージェルってどんなもの?

“弱酸性”と聞くと「肌に優しい」とイメージできるのではないでしょうか?近年、ボディソープから何でも「弱酸性」ですよね。

肌自体が「弱酸性」なので、肌に付けるものは同じ弱酸性が良いと小耳に聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?「弱酸性のカラージェル」もまさにそんな感じです。爪も皮膚ですから、「弱酸性」の方がいいんですね。

リムーバーで落とせるソフトジェルにしても、最初は大丈夫だったけど、続けて行く内に爪がボロボロになって傷んできてしまったという経験がある方もいると思います。

その原因は、強い酸性のジェルを使用しているからなんですね。

強い酸性は物を溶かす性質があります。もちろん身体に影響がないように作られているのでそんな凄まじい威力はないですが、常用していると少しずつ影響が出てきます。

なので、「オフに時間のかかるジェル」や「ニオイが強い(酸っぱい・刺激臭など)ジェル」は要注意です!!逆にリムーバーを使ってすぐに綺麗に取れるジェルは強い酸性のジェルではありません。

ノンサンディングジェルは爪に負担?

ノンサンディングジェルが危険!と言うのはNOです。

ノンサンディングジェルと言うと、サンディングしなくても良いため、つまり爪を削ることがないため爪に優しいイメージですよね?

でも、ノンサンディングジェルが爪に負担と耳にすることがあるのは、ノンサンディングジェルの中には、「強い酸性」のジェルがあることも事実だからです。これらのジェルは爪とジェルとをサンディングしないで密着させるために、爪を強い酸性で溶かして密着させているという説があるからなんですね。

しかし、基本的にはサンディングも爪をワザと傷つけて密着させる方法なので、爪にとってあまり良くないのには変わりがありません。

そして、「ノンサンディングジェル」=「強い酸性のジェル」という訳でもありません。ちゃんと「弱酸性のノンサンディングジェル」も販売されています。

つまり、「ノンサンディングジェル」であり、「弱酸性」のジェルであれば、問題がないわけです。むしろ、オフもしやすく一番理想的な方法だと言えます。

ジェルネイルのサンディングってどうするの?

ジェルは「強酸性」のジェルが多い!?

ジェルは酸性が強いものが多く、それで爪へ密着度を高めるものが多いんですね。密着度が高いとジェルネイルが取れにくいという利点はあるものの、オフが大変になります。

「強引なオフ」が爪を傷める原因の多くであるので、無理な密着のしないジェルがおすすめです。オフが簡単に出来るジェルは、「強酸性」のジェルである可能性が高いです。

ちなみに「弱酸性」の基準は「pH値4.5~6」です。爪への健康を考えるとこれくらいのpH値のジェルを選ぶのがベストだと言えます。アクリル酸不使用のジェルもあるので、こだわる方は探してみてもよいかもしれませんね。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ジェルネイル
-