ネイル

開業したい!ネイルサロン衛生管理士資格を取ろう!

更新日:

ネイルサロン衛生管理士

「ネイルサロン衛生管理士資格」というのをご存知でしょうか?

サロンの信頼性を高めるためにも持っていた方が良い資格です。

今回はその資格ってどんなものか?難易度や試験対策をご紹介します!

ネイルサロン衛生管理士資格って?

昨今のネイルブームと比例して、店内の衛生管理が不十分による施術による感染症や爪トラブルが相次ぐので厚生労働省が「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」というのを打ち出しました。

そこで日本ネイリスト協会が「ネイルサロン衛生管理自主基準」を作り、それを普及するためにネイルサロン衛生管理士資格を作りました。

この資格は「安全で安心なネイルサービスの普及と公衆衛生向上に資すること」を目的として、「ネイルサロン衛生管理に関する知識を習得した方」に付与される資格です。

つまり、この資格を持っていることは「このサロンは、衛生管理に取り組んで営業していますよ。安心して施術を受けていただけますよ。」という証明になりますし、持っていることでスキルアップやキャリアアップにも繋がりますね。

なので、サロン経営をしたい方は持っていたい資格ですね。しかし取得必須なわけではありませんよ。

もちろん、ネイリストでなくとも経営者や管理責任者が取得しても良い資格です。

試験内容は?難易度は?

ネイルサロン衛生管理士資格を取得するにあたっては、試験だけではなく、JNA認定校で開催される講習会(1日)をまず受講しなければなりません。

その講習会の最後で筆記テストがあり試験に合格すると、認定ディプロマと認定バッジが授与されます。採点も当日会場内で行われそのまま合否判定。即日授与してくれます。

【受験資格】18歳以上であれば誰でも受講可。

【合格基準】選択式&記述式で20問出題。100点満点中80点以上で合格。

【試験範囲】ネイリストとしての基本的な衛生観念、ネイルサービスで起こりえる皮膚疾患について、正しい消毒法について。

【合格率】ネイル検定受講者は当然知っている知識ですし、講習の内容がそのままテストに出題されるので、難易度は低く合格率はかなり高めです。取得しやすい資格と言えます。また、万が一不合格であっても補習受講があります。

【所要時間】講習が3時間、試験が20分、採点からの授与式に移ります。1日で全て終了します。

有効期限がある?再受験しなくてはいけない?

ネイルサロン衛生管理士資格は「有効期限」があり、取得した年を含む3年目の12月末までしか適応されません。

しかし、有効期限のタイミングで資格継続手続きを行えば「永続認定」で無期限に保証されるので安心してください。

ただし、ネイル関連における衛生基準や国・自治体が提案する美容関係の条例・法令は日々変化し、更新されていっています。資格取得後も最新の衛生管理基準の勉強は必要です。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ネイル
-,