ジェルネイル

ジェルネイルのサンディングってどうするの?

更新日:

サンディング

ジェルネイルでサンディングとはどんなことかわかりますか?

ネイルにおいてサンディングとは「爪ヤスリ」のことですね。

実はこのサンディングはネイルにおいてとても大切なことなんですよ。

今回はサンディングの役割などを紹介します。

サンディングってどんなことをするの?

具体的にサンディングは「爪の表面を削る」ことを言います。

ジェルネイルをする時にサンディングが必要なのは、プレパレーション(下準備)の時とオフの時ですね。爪を削ると聞くと、爪を傷めてしまうのでは?と心配になる方もいると思いますが、実はジェルネイルをするにあたってサンディングは大切な工程なんです。

サンディングすることで「爪にジェルを定着させ浮きあがりを防ぐ役割」があるんですね。自爪の表面を軽く削り傷つけることで凹凸が出来るので、その凹み部分にベースジェルが密着し、ジェルネイルが長持ちするんですよ。

サンディングに挑戦してみよう!

<用意するもの>
・ファイル(180G程度のもの)
本当に軽くサンディングする感じで大丈夫です。

・スポンジバッファー(プレパレーションの際は180G程度、オフの際は150G程度)
初心者の方にはこちらの方が爪を深くまで傷つける可能性が低いのでおすすめです。

※両方ではなく、サンディングにはどちらか好みの方を選択して使用してください。

また、適度なサンディングは必要ですが、サンディングしすぎてはいけないので、目の細かいファイルやスポンジバッファーをしようしましょう。

ただし、オフの際には逆にリムーバーを浸透しやすくするために粗目のものを使用しましょう。

サンディングの仕方は?

ファイルもしくはスポンジバッファーを人差し指と親指で固定して、上下に動かして削ります。必要以上に爪の表面を削らないように力を入れすぎず軽く削るのがポイントです。特に爪の根元にある甘皮やサイドを重点的にサンディングするのが大切です。

サンディングで出た粉(ダスト)はブラシ等でしっかり払いましょうね。

サンディングで注意すること!

爪の表面を削りすぎないことが何より大切です!

爪を削りすぎると「浮きやすくなる」「爪が薄くなり硬化時に傷みを感じる」「爪が割れやすくなる」「欠けやすくなる」など、結局ジェルネイルが長持ちしなくなってしまいます。

どうしてもサンディングしたくない人はノンサンディングジェル!

どうしてもサンディングに自信がない人や爪が元々薄くて削りたくない人には、「ノンサンディングジェル」がおすすめです。

「ノンサンディング」なので、このサンディングの工程をなくすことが出来ます。サンディングを行わなくてもジェルネイルが密着するように作られているんですね。

ただし、品質が悪いものによっては爪に負担がかかるものもあるので、しっかりジェルを選ぶ必要があります。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-ジェルネイル
-