マニュキュア初心者

2018/5/29

初心者が知りたい!マニキュアのアレコレ

  ネイルと言えば、まず「マニキュア」ですね。 初心者から上級者まで幅広く親しまれています。 マニキュアは何と言っても簡単に始められ、扱いやすいことが魅力です。 最近では、コスメのお店だけではなく、ドラッグストアやコンビニ、100均まで安く販売されています。リムーバー(除光液)も同じお店で販売されていますし、それを使えばすぐに落とすことも出来るので、毎日色んなネイルアートを試してみたい人や休日しかネイル出来ない人にもおすすめですね! マニキュアとは? マニキュアは別名「ネイルポリッシュ」とも最近 …

続きを読む

ジェルネイルで可愛く

2018/6/25

初心者が知りたい!ジェルネイルのアレコレ

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最初のジェルネイルは「ハードジェル」と呼ばれるもので強度があり、重いストーンなども付けられるので愛用されていましたがオフには削り落とさなければならず、自爪を傷つけてしまうリスクがあったためセルフネイルには不向きでした。 ソフトジェルが生まれてからはリムーバーでオフ出来るのでセルフネイルも手軽に出来るようになりました。 今回はジェルネイルに付いてご紹介します。 ジェルネイルとは? ジェルネイ …

続きを読む

スカルプチュア

2018/5/25

初心者が知りたい!スカルプチュアのアレコレ

スカルプチュアはジェルネイルの前に爆発的に流行っていたネイルです。 現在でも自爪が短くても長さ出しが出来るので結構需要はありますよ。 最近ではジェルスカルプチュアというのがあるので、ジェルネイルとスカルプチュアが同じものだと思っている方もいるみたいですがそれは違います。 今回はそんなスカルプチュアについてご紹介します。 スカルプチュアとは? スカルプチュアは元々樹脂素材を自爪に練ったものをつけたり、ネイルフォームの上で自爪の先端から長さ出しし付け爪を形成することです。所謂「人工爪」のことです。 なので、粘 …

続きを読む

ネイルチップ

2018/5/26

初心者が知りたい!ネイルチップのアレコレ

ネイルチップはみなさんよく知っていますよね? 自爪ではなく、爪型のチップにマニキュアやジェルでネイルアートするものです。 作って置けばいつでもつけることが出来るので、ライブやイベント前などに向けてお洒落なネイルチップを用意しておけばよいですね! 自分で作るのも簡単ですし、ネイルサロンやネイルチップ専門店で購入したり、今はハンドメイド作家さんも作られているオリジナル性の高いネイルチップを入手することも可能ですね! 今回はそんなネイルチップについてご紹介します。 ネイルチップとは? ネイルチップとは爪型のプラ …

続きを読む

美容

かかとやひじのガサガサお手入れどうしていますか?

更新日:

かかとのガサガサ

夏場の暑い時期などは、あまり気にはならない事ではありますが、寒くなる時期になると、どうしても気になるのがヒジやヒザのガサガサとした乾燥…

特に、乾燥肌の方は毎年冬になると憂鬱な気分になるのではないでしょうか?

乾燥以外でも、付きヒザ(ヒザから立ち上がる事やヒザをつきながら座る事)を良くする方や、ミュールで良くカカトを出している方などは、荒れてしまいガサガサになる事もあります。

あまりにガサガサしてくると、その部分だけ白くなり粉を吹く場合もあります。

そんな状態では、ヒザを出したスカートなんて恥ずかしくて履けないですし、細かいところで支障が出て来ます…

そこで、今回みなさんには『かかとやひじのガサガサお手入れどうしていますか?』と言う質問をしてみました。

普段はかかとやひじのガサガサは気にならない方なのですが、夏場にビーチサンダルで長距離を歩いたときはかかとがひび割れてガサガサになってしまったので軽石を購入してバスタイムに軽く擦るようにしました。一週間ほど続けたところ、すぐに元通りになりました。それ以来はぺったんこの靴で歩き過ぎないように注意しています。
冬になると何故ひざやかかとがガサガサになります。私のお手入れの方法は、入浴後に必ずボディークリームをべたべたになるぐらい塗ります。それでもダメな場合はベビーオイルを塗って靴下をはいたり、肘にはサポーターをして寝ます。それでもだめなら、ラップも巻きます。2日程続けると大体はよくなり、そのままボディークリームで保湿をします。そうなる前に、入浴後はボディークリームは日々つけることを習慣にしておきたいですね。
私は、すごく乾燥肌で特に、かかとやひじなどはビビが入ったり、肌がめくれてしまうぐらいガサガサしてしまいます。肌などは、クリームなどをたくさん塗っていれば、まだましなのですが、かかととひじは普通に塗るだけでは治らないので、朝と夜寝る前などはハンドクリームをたっぷり塗って、靴下など入って乾燥などしないよう保湿させています。
ひじのお手入れは、最初に、乳液でしっとりさせて、少し時間をおきます。
そして、馬油製品でしっとりさせます。
馬油は、本当にいろんな他のクリームよりも私は、重宝しています。
ハンドクリームを持っているのですが、それで対応しています。
しっとりするのにすべすべして保湿力がとても強いです。
かかとは、かかと専用のパックがあります。
保湿液に浸して皮をむくというものです。
古い角質がとれてきれいになります。
まずは、お風呂でしっかりと洗うことです。最初に硬くなった角質を落とすことが大事だと思っているので。そのあとに保湿をすること。
保湿をしないとガサガサになりやすく、乾燥で皮膚にも良くないので、化粧水やクリーム、保湿剤でしっかりと保護してあげます。
マッサージをするように塗ってあげると効果的です。
昔、仕事でかかとがひび割れのようになったことがあるのですが、この方法でキレイに治ったことがあるので確かです。
人にもよると思いますが、私はこの方法が効きました。
削ったりしてしまうと、肌が余計にこわばって硬くなってしまうときいたので、優しくマッサージして、お風呂上がりに丁寧にボディークリームでケアしています。また、ナチュラルなオイルを少し塗って、ラップでくるみ、その上から靴下を履いてオイルパックのようにしたこともありますが、なかなかよく効きます。肌自体モチモチになるのでオススメです。
うっかりすると気づいたらかかとが白くひび割れていることがある。ガサガサ固くもなっていて、そんなときは千円もしない角質落としで、お風呂の体を洗うときに一緒にケアをする。お風呂上がりに肌に使う美容クリームを、お肌の保湿と共にかかと、ひじにも塗り重ねる。これを最低一週間に一度していると、だんだんかかとのひじの肌質が明るく柔らかくなっていく。
30代後半です。私は肘は比較的に潤っていますのでお風呂上りに保湿剤を塗る程度で問題ないのですが、かかとは一年中がさがさで皮までめくれる始末です。冬場はとくにひどく、ケアをせずに放置しておくと硬くなった角質が割れてあかぎれとなり血がでて歩行にまで影響がでます。そこで今年からはかかとをスクラッチャーなるもので削って皮膚科で処方された保湿剤を塗るようにしました。削る作業は最初の一週間くらいは痛くてやめたいくらいでしたが、毎日続けた結果、2.3週間後の現在はつるつるの状態になりました。面倒ですがきれいな足の裏はやっぱり気持ちがいいです。がんばって続けたいです。
特に冬場は洗い物等で手が荒れます。年齢を重ねるごとにひどくなっているように思います。お手入れで気をつけていることは、手を洗った後は、必ず保湿クリームを塗ります。入浴後は特に念入りに保湿をします。数日経過しても良くならなければ、保湿クリームを塗った後に、薄手の手袋をします。手袋をすることで、保湿力が上がり手荒れが良くなりました。
かかとやひじがガサガサになったときは、ニベアクリームを付けるようにしています。
10年以上前からニベアクリームを使用していて、特にこだわりがあるというわけではありませんが、冬の乾燥する時期はバックの中に必ず入れて持ち歩くようにしています。
かかとやひじにニベアクリームをつけると、あっという間にスベスベになるのでこれからも使用したいと思います。







おススメ記事

ネイル道具 1

ジェルネイルを始めたい! でも、何を揃えたらいいの? どうしたらいいの? という方に道具の揃え方から使い方、仕上げまで完 …

ジェルネイルで可愛く 2

最近のネイルは「ジェルネイル」が主流になりました。 ぷっくりと艶のある感じや色々なデザインを楽しめるので人気ですね。 最 …

GRANJE 3

今回おすすめしたいのは「グランジェ ジェルポリッシュセット」です。 「ネイルポリッシュ」と言うと、イコール「マニキュア」 …

-美容
-, ,